HOME > エアコンの販売・修理

エアコンの販売・修理

業務用空調機の各種工事について

業務用空調機に関する工事は全ておまかせいただけます。

空調機の入替工事

空調機の移設工事

付随する電気工事

空調機の修理

などなど

業務用エアコン

修理の内容

室内機・室外機プリント基板交換
基板にもパワーやインバーターなど何種類もあります。
それぞれの基板不良を決定づけるには、空調機内外のチェックや各端子の電圧チェックなどきちんとしたデーターが必要になります。
なかには老朽化によるプリント基板のハンダ割れなどもあります。

ファンモーター交換
室内機・室外機ファン・ファンモーターの故障もありますが、プリント基板の不良で原因が作動しない・・・
こんなこともあります。
急に冷暖房が利かなくなったら室外機を確認して見るのも・・・

圧縮機交換
圧縮機(コンプレッサー)は、空調機修理のなかでも高度な技術を要するため技術工料も高額になります。
状熊によっては、
空調機自体の入れ替えをご検討いただく方が良い場合もあります。

ドレンポンプ交換
ドレンポンプ自体の故障やドレンパンの汚れが原因でドレンポンプの吸い込み口がつまり、ドレンアップできずにドレンパンに水が溜まりドレン水位異常を起こし空調機は停止します。
このようなエラーをなくすためにも定期的なエアコン分解化学洗浄・メンテナンスは必要です。

センサー交換
センサーには熱交温度センサー、吸込み温度センサー、吹出し温度センサー、水位センサーなど各種あります。
これらのセンサーからの信号をもとに空調機はコントロールされています。室内機・室外機の各所に使われています。どれか一つ壊れても正常な運転はできません。

冷媒ガス漏れ修理
ガス漏れの原因はさまざまです。なかにはガスと同時に圧縮機のための潤滑油が流れ出してる場合もあります。どこからガスが漏れているかによって修理方法、修理代金も大きく変わります。またガスの種類によっても変わります。
また、2015年4月より「フロン排出抑制法」が執行されました。この法律は地球環境を守る事を目的としています。
簡易点検・定期点検(有資格者にて)・ガス漏えいの対処・記録の保管・算定漏えい量の報告などが義務付けられました。
*詳しくは弊社にお問い合わせください。点検のアドバイスもさせていただきます。

ガス溶接作業
空調機の高圧側冷媒系統が異常高圧になったとき、空調機の運転を自動的に停止させ、異常運転による事故を未然に防ぐ動きをする電磁弁です。同じように低圧圧力開閉器もあります。どちらもガス溶接(ろう付け)作業になります。

空調機修理のご依頼ついて
空調機の故障には、さまざまな原因が考えられます。
空調機修理のご依頼の際にはできるだけ、詳しく空調機の型式番号やエラーコード、故障内容、症状などをお知らせください。
ご不明な点はお気軽にご相談ください。

エアコンの状態や周辺環境、ご利用台数など総合的に判断し最適なご提案、施工を致します。TEL 0868-22-3983 営業時間 9:00〜18:00(日・祝休み) 西日本エリアを中心に対応中!お見積り大歓迎!現地調査にも伺います!