HOME > フロン排出抑制法に関する点検

フロン排出抑制法に関する点検

フロン排出抑制法に関する点検は義務になりました!

フロン排出抑制法に関する点検の義務化について

第一種特定製品の管理者の義務

第一種特定製品の管理者の義務について「点検」「記録」「報告」

点検の内容

点検種別 対象機器と規模 点検頻度 点検内容
簡易点検 全ての機器 3ヶ月に1回以上 目視確認による、機器の異音・異常振動・外観の損傷・腐食・サビ・油にじみ・熱交換器の霜付きなど
定期点検 空調機器 50kW以上 1年に1回以上 有資格者が実施
【1】目視確認等
【2】間接法:機器の運転状況記録などから判断
【3】直接法:発泡液や蛍光剤で確認
7.5〜50kW 3年に1回以上
冷凍・冷蔵機器 7.5kW以上 1年に1回以上

対象となる第一種特定製品について

業務用の空調機器
パッケージエアコン
ビル空調用ターボ冷凍機
チラー
スクリュー冷凍機
スポットエアコン
ガスヒートポンプエアコン
除湿機など

業務用の冷凍・冷蔵機器
コンデンシングユニット
冷蔵・冷凍ショーケース
自動販売機
業務用冷蔵庫・冷凍庫
冷凍・冷蔵装置
冷凍機応用製品(ヒートポンプ給湯器)など

罰則について

フロン排出抑制法の義務に違反したものに対しては、以下の様な罰則があります。
フロン類をみだりに放出した場合 1年以下の懲役又は50万円以下の罰金
機器の使用・排気筒に関する義務について、都道府県知事の命令に違反した場合 50万円以下の罰金
算定漏えい量の未報告・虚偽報告の場合 10万円以下の過料

エアコンの状態や周辺環境、ご利用台数など総合的に判断し最適なご提案、施工を致します。TEL 0868-22-3983 営業時間 9:00〜18:00(日・祝休み) 西日本エリアを中心に対応中!お見積り大歓迎!現地調査にも伺います!